結局、建築士を決めるタイミングって、いつだったんだろう?

2018年6月12日

文住宅で家を建てています。
もちろん設計は自分ではできないので、建築士におねがいしました。

建築士といっても、たくさんいらっしゃるので、
「この建築士にしよう」とか「あの建築士だと、どんな家になるだろう?」とか考えるのも
注文住宅の醍醐味でもあります。

ただ、いつまでも悩んでいられるわけじゃありません。どこかで建築士を決めないといけないわけです。
振り返って考えてみると、僕の場合、意外と早いなあと思うかもしれませんが、
それは「住宅ローンの申し込み」のタイミングでした。

スポンサードリンク

住宅ローンの仮審査には、建築計画が必要

ぼくの場合、土地と建物、どちらも購入する必要がありました。
そして、どちらも住宅ローンを組む必要がありました。

住宅ローンを組むときに年収などの個人情報に加えて、
建築物が融資に値するものなのかどうかがわかる資料が必要になります。

たいていの銀行で住宅ローンを組むのと同時に、土地と建物を担保にとることになります。

抵当権を設定する、というやつです。

万が一住宅ローンの支払いができなくなった場合、
住宅ローンの支払いの代わりに銀行が土地と建物の差し押さえられるようにするわけですが、
差し押さえたものが違法建築だったりすると、売却がスムーズにいかなかいなど、銀行としては困ってしまいますよね。

そうならないように、どんな建築物を計画しているかを融資前にチェックするわけです。

この銀行による書類チェックがいつになるのか?

ぼくの場合、最初の仮審査の段階で、建築計画の提出を求められました。
仮審査を行う段階で、土地に対して容積率や建ぺい率、斜線規制などをクリアした
図面の提出が必要になりました。
(完成したものとは間取りなどが異なる、暫定的なものでしたが)

 

スポンサードリンク
ヒゲメガネ

土地の申し込みをするのに、住宅ローンの仮審査通過が必要

住宅ローンの仮審査を申し込んだタイミングがいつだったのかというと、
「これはよさそうな土地なんじゃないか?」と思える土地が見つかったときでした。

値下げしたばかりの土地であることもあって、
「購入する意思があるなら早めに土地の申し込みをした方がよいですよ」
ということで、話がトントンと進みました。

で、その際に、土地の申し込みには住宅ローンの仮審査通過が必要でした。

土地の売主としては、支払えるお金があるかどうかも判断した上で
買い手の申し込みを受けるかどうか知りたいでしょうから、
土地の申し込みの段階で住宅ローン審査が必要になるのもうなずけます。

ヒゲメガネ

土地の申し込みをするのに、建築士による図面が必要

ということで合わせると、土地の申し込み&住宅ローン仮審査のタイミングで、
建築計画が必要ということになります。

建築計画といっても、素人ができるような「こんな感じの家にしようと思っています」では
審査の通過はできません。

ちゃんと各規制やルール、書式にのっとったものでないと
受け付けてもらえないのです。

そうなってくると、建築士にお願いして図面を書いてもらうという選択肢しかない、ということになります。

スポンサードリンク
ヒゲメガネ

設計請負契約前に設計図を書いてもらうと…

ただ、この時点では土地の購入も決まっていないので、
具体的な家の計画も決まっていなければ、建築士についてもお願いするか、はっきりとは決めていませんでした。

でも図面は必要です。

このとき正直に建築士にどうすべきか聞いてみたところ
「正式な設計請負契約を結ぶ前に、金融機関用に起こすだけの図面を書く契約を結ぶこともあります」
と提案されました。

どうしても「卵が先か?鶏が先か?」という事態になってしまうことが多い家づくり、
ここでも、家づくり業界がうまいこと作っている仕組みがあるようです。

金融機関提出用の図面を書いた場合、その後正式な設計契約請負契約を結べば
提出用の図面に関しては正式な設計費に含まれる。
そうではなくて、正式な契約をしないで、金融機関用だけの場合10万円で図面を起こす、ということでした。

土地の申し込みには、住宅ローンの仮審査が必要だし、
仮審査には図面が必要だし、土地の申し込みは急がなくちゃいけないし…

となると、とりあえず「お願いします」ということになりますね…このタイミングでは。

結局ぼくもこのとき建築士の方にお願いし、まずは金融機関提出用の図面を書いてもらうことにしました。
そしてそのまま10万円を、ただ仮審査だけの費用にするのはもったいない、という気持ちも働いて、
そのままその建築士にお願いすることにしてしまいました。

ヒゲメガネ

結局、家づくりの順番って…

まずはどこに建てようかと、土地探しから始めて、その後どんな家を建てようか考えて…

と、最初は思っていましたが、全然それじゃダメでしたね。

今思えば土地を探し始める前に、建築士選びをちゃんとしておけばよかったかなと思っています。
お願いした建築士がよくないというわけではないですが、
土地探しから、それとつながるように建築士決定まで進んでしまったため、
そこまで建築士選定にしっかり時間をとれなかったという反省です。

知らないとどうしても後手後手になってしまいます。
家づくりも一緒でしたね。

わかったマーク

土地を申し込む前に、建築士は決めておいた方がいい

スポンサードリンク
↓↓↓↓↓いつもポチッとクリックしてくれて、ありがとうございます。↓↓↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ

この記事を
いいね ! する

Twitter で

PAGE TOP